今年大学を卒業し、獣医師として働き始めました。病院での出来事やその日見た映画、色々楽しげなことを書いていく感じです♪


by ramram92
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ん~

今日は日直。
1日9000円もらえるから5時までがんばるぞ。
でも眠いぞ。

私は今1件入院患者を抱えています。
骨折の子。
整形を担当するのは初めてなので、わりと経過に興味アリです。
(6月から患者を担当し始めたから初めてなのはあたりまえか・・・)

昨日・今日は、獣医麻酔外科学会・循環器学会・画像診断学会の合同学会でした。
りゃくしてジュンマゲ。
昨日は夕方までわりとおもしろく発表をきいていましたが、
学校から「○○ちゃんぐったりしてるので様子みてあげてくださ~い」との電話で、撤退したのでした。

多少元気が出てきて、動き回って、痛みが増した様子で、痛み止めを打って、
血検をして、ゴハンをぐいぐい食べさせて(食欲ない)、かえってきました。



せっかくの学会が・・・・
でもかわいいわんちゃんがちょっぴり食欲が出てきてよかった♪
あれだけ骨盤も後ろ足もバキバキなのに、私を見ると尻尾をふるくらいまで回復♪
ん~、せっせと治療したかいがあったなぁ。


6月で私が見た患者は、

ゴールデン2匹、ミニチュアダックス2匹、雑種犬2匹、フェレット1匹

まさに!って感じの種類ですね。
ゴールデンってほんっとに腫瘍が多い。
レトリバー系を飼う人は、9歳くらいになったらかなりの子が腫瘍になると思って日々チェックしてあげたほうがいいですね。

反対に、ミニチュアダックスは腫瘍が少ない。
免疫がかなり働いているから腫瘍が少ないが、逆に自己免疫性疾患が多い。という話です。
ん~、確かに・・・。
関節リウマチ、ダックスめちゃめちゃ多いもんなぁ・・・。
あと、肝門脈シャントも多い気がする。(気のせい?)
あとあと、椎間板ヘルニアは、ダックスはほぼみんななりますよね。
うぅ、遺伝ってコワイ。
急に人気が出た犬種が特に遺伝病が多いのかしら?

でも、私の病院は大学病院なため、二次診療です。
つまり、開業獣医師からまわされた患者が来るわけで・・・
私は大学病院にくる犬しか見ていないので、世の中一般的なことはイマイチぴんときません。

例えばゴールデンの腫瘍。
例えばダックスの椎間板ヘルニア。
例えばチワワの水頭症。

開業さんに来院する犬の中で、つまり世の中全体で、何割程度なんだろう?

こんなことを考えていた日曜の昼下がりでした。
[PR]
by ramram92 | 2006-06-25 15:40 | 趣味