今年大学を卒業し、獣医師として働き始めました。病院での出来事やその日見た映画、色々楽しげなことを書いていく感じです♪


by ramram92
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

my special.

e0019225_11194625.jpg



我が家の初代シュナウザー、あるふぁちゃんの写真です♪
夏ばてして頭に小さいアイスノンを巻かれているところ・・・あはは。



「一番」とか、「大好き」とか、それ程度?って思う。
「特別」っていうことがわかる人は、幸せなのかもしれないな、と思う。
私の中では、上の写真の子はそんな存在だったのかな?
私が中学に入学したときに飼い始めて、大学4年生の10月に死んでしまいました。
「かわいい」とはこの子のためにあるんだと思わせるほど、かわいい子。
賢くて、人の心をつかむ方法を知ってる子悪魔でした。

彼女の死因はハッキリとはわかりません。
夏頃からなんとなく体調が悪く、死ぬ数日前に急変して、
家族全員が集合してしばらくして、心臓がとまりました。
最後まで彼女は意識があって、みんなあきらめきれなかった。
あたしは苦しそうな彼女を見て、それから彼女を抱く家族を見て、それからちょっぴりの希望を抱く自分がいて、安楽死を勧めきれなかった。


小動物臨床獣医師にとって、一番大事なのは、ペットだけじゃないのです。
ペットと、その家族の気持ちをどう考えるか。
ペットは苦しくても飼い主と一緒にいたい。
彼らは「治療」とか「入院」なんてことは理解できません。
飼い主は苦しんでいるペットをどうにかしてあげたい。
ただそこで、可能性が低くてもとことんまで積極的な治療を望むのか、
苦しくても飼い主と一緒にいるという、ペットの幸せを重視するのか。
何がペットのためには一番いいのか。
その矛盾を、どんなふうに飼い主の中で決着をつけるか。
その手伝いは、獣医師がすべきことだと思うのです。


あるふぁちゃんの場合は、もう手遅れなことはほぼ確実だったんだと思います。
ただ、もし何か手をつくすとすれば。
そういった選択肢も、示してもらえたらよかったな。
それはそれで、後悔したかもしれないけれど。


しゃもんくんはとってもカワイイけど、大好きだけど、あるふぁちゃんとは並べません。
you're my special!って言えるのは、一生に一匹なのかもしれないなぁと思う。



もう10月です。
ちょっと時間がたつのが早いんですけど・・・・(-_-;
私が大学病院にいるのはあと6ヶ月弱になりました。
その後は、埼玉県の動物病院に勤めます。
祝☆脱・学生!!!
私と同じくこの大学の研修医をした先生が開業した病院で、
小さいのに患者さんがすっごく多くて、機器もウチの大学より断然リッパ!
そして、しっかり診療をしている印象を受けたため、決定しました。
しゃもんくんも病院に連れて行っていいと言ってくれました。
そして給料もかなりいい!(笑)
うはは。

それではみなさん、今年度残り6ヶ月を力いっぱい生きましょう。
[PR]
by ramram92 | 2007-10-10 12:13 | ペット